メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「見た目も楽しい」希望の介護ごはん 料理研究家・クリコさん

考案した「ふわふわとんかつ」を手にする料理研究家のクリコ(本名・保森千枝)さん=東京都内で2019年3月29日、内林克行撮影

 料理研究家のクリコ=本名・保森(やすもり)千枝=さん(58)が、見ても食べてもおいしい介護食作りに取り組んでいる。

    料理研究家のクリコ(本名・保森千枝)さんが考案した「ふわふわとんかつ」=東京都内で2019年3月29日、内林克行撮影

     きっかけは2011年。口腔(こうくう)底がんの手術を受けた夫、章男さんに体力を回復してもらおうと食べやすい介護食作りに挑戦した。ところが、レシピ本は見つからず、のみ込みの問題に詳しい専門家に尋ねても「やわらかいものなら何でもいい」との答えしか返ってこなかった。

     試行錯誤しながらたどり着いたのは、ミキサーにかけられて元の形をなくしたものではなく、見た目にも食欲をそそられる食べやすい料理だ。「介護食作りは苦しいことではなく、楽しいことだと伝えたい」。考案したレシピを惜しまずに紹介しているクリコさんはそう語っている。【銭場裕司】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
    2. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
    3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
    4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
    5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです