警察庁、ネット上のテロ情報自動収集 過激派書き込みなど

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
警察庁が入る中央合同庁舎第2号館=東京都千代田区霞が関で、本橋和夫撮影
警察庁が入る中央合同庁舎第2号館=東京都千代田区霞が関で、本橋和夫撮影

 スリランカ連続爆破事件やニュージーランド(NZ)銃乱射事件など世界各地のテロでソーシャルメディアが過激思想の誇示や拡散に悪用されている。

 9月にラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会開幕、来年には東京五輪・パラリンピックを控える国内では、警察庁が16年4月、インターネット上に公開されたテロ関連情報などを自動的に収集・分析する「インターネット・オシントセンター」を警備局に設置し、運用している。

 オシントとは、公開情報収集(Open Source Intelligence)の略語。テロに関連する団体名などのキーワードから関連情報を集め、早期に兆候をつかむ狙いだ。国際ハッカー集団による犯行声明などサイバー攻撃関連情報のほか、3Dプリンターで製造可能な拳銃のデータをダウンロードできるウェブサイトなどテロインフラ関連情報、イスラム過激派による書き込みなどを監視している。

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文943文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集