メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7年ぶりライオン赤ちゃんは三つ子 熊本市動植物園

母親のクリアに集まるライオンの赤ちゃんたち=熊本市動植物園提供

 熊本市動植物園(同市東区)で9日朝、ライオンの赤ちゃん3頭が誕生した。同園でライオンが生まれたのは7年ぶり。母子ともに健康で今後一般公開を検討するという。

 父親サン(10歳)と母親クリア(5歳)の子。同日午前7時半ごろ、ライオン舎の寝室から「ギャーギャー」と聞き慣れない鳴き声がするため飼育員が確認したところ、生まれて間もない3頭が床に寝転がっていた。クリアがそばにいて近づけないため性別は分からないが、3頭とも体長30センチほどで元気に母乳を飲んでいるという。

 職員の檜垣智行さん(52)は「熊本地震後の閉園の間に動物が死んだりして飼育員は落ち込んでいたが、動物にいいことがあると私たちまでうれしくなる」と声を弾ませた。【清水晃平】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕
  3. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  4. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです