メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「胸が張り裂ける程の深い悲しみ」大津園児事故・2遺族がコメント

たくさんの自動車が行き交う事故現場。正面の交差点から段差のないところ(手前)に軽乗用車が突っ込んできたとみられる=大津市で2019年5月9日午後6時7分、猪飼健史撮影

 大津市で園児らが死傷した交通事故で、亡くなった原田優衣ちゃん(2)と伊藤雅宮(がく)ちゃん(2)の各遺族は9日、滋賀県警を通してコメントを出した。

 優衣ちゃんの遺族は父学さんの名前でコメント。「突然の逝去に関しては、驚きを隠せず、現実とは思えませんでした」とし、「今、自宅で話をせず、いつも明るく、いたずらっぽい笑顔も見せることもなくずっと寝ている娘を見ていると、徐々にではございますが、私共としても娘の死を受け入れざるを得ません」と記した。

 さらに「1日たつ毎(ごと)に家族としても胸が張り裂ける程の深い悲しみに包まれております」と胸の内を語り、「安らかに娘を旅立たせようと思っております。優衣は2年10カ月しか親より愛情を受けておらず、最後に私共夫婦・姉弟よりたっぷりと愛情を注ぐ式にしたいと思います」と思いをつづった。

 雅宮ちゃんの遺族は「家族一同」として、「突然の事故で大切な家族を失い、深い悲しみを受けています」とコメントした。

 また、両遺族とも「心情を察して」とし、取材活動に配慮を求めた。【諸隈美紗稀】

      ◇

 遺族が滋賀県警を通じて出したコメントは以下の通り。

【原田優衣ちゃんの遺族コメント】

          2019年5月9日

報道関係各位

 青葉の候各位ますますご清栄のこととおよろこび申し上げます。

 さる2019年5月8日滋賀県大津市にて残念な事故が起きました。

 その中で、私共の娘、原田優衣が今回の不慮な事故に巻き込まれ、わずか2年10カ月という短い人生に幕を閉じました。

 レイモンド淡海保育園におかれましては、短い期間ではありましたが娘のかけがえのない笑顔を見守ってくれた事には感謝の意しかなく、今回の事にとらわれることなく今後も小さな命に寄り添い、共に歩み続けることを娘もきっと望んでいます。

 私共家族としても、家族5人で苦楽を共にし、普通に過ごせると思っておりましたので、今回、娘優衣の突然の逝去に関しては驚きを隠せず、現実とは思えませんでした。

 しかしながら、今自宅で話をせず、いつも明るく、いたずらっぽい笑顔もみせることもなく、ずっと寝ている娘を見ていると、徐々にではございますが、私共としても娘の死を受け入れざるを得ません。1日たつ毎(ごと)に家族としても胸が張り裂ける程の深い悲しみに包まれております。

 現在優衣を含め、家族5人で最後の一家団らんを過ごしております。報道関係各位におかれましても、自宅周辺、近隣葬儀場等における取材・撮影等はお断り致します。

 私共としても安らかに娘を旅立たせようと思っております。優衣は2年10カ月しか親より愛情を受けておらず、最後に私共夫婦・姉弟よりたっぷりと愛情を注ぐ式にしたいと思います。

 報道関係各位におかれましてもなにとぞ私共の心情を察していただき、御配慮の程よろしくお願い致します。

               原田 学

【伊藤雅宮ちゃんの遺族コメント】

報道機関の皆様へ

        お願い

 私たちは、この度の突然の事故で大切な家族を失い、深い悲しみを受けています。

 このような私たちの心情をお察しいただき、自宅や葬儀会場での取材や写真撮影をご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

           令和元年5月9日

               家族一同

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです