メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

安全対策講じていた保育園「どうやって身を守ればいいのか」 大津園児死傷事故

保育園児たちが事故にあった現場で手を合わせる人たち=大津市で2019年5月9日午前11時54分、梅田麻衣子撮影

 大津市大萱(おおがや)6の滋賀県道交差点で、散歩中の保育園児ら16人が車同士の衝突事故に巻き込まれて死傷したのを受け、各自治体は9日、保育園や幼稚園に散歩コースの安全確認などを求めた。今回の事故で被害を受けた保育園はコースを下見するなど安全対策を講じており、現場を訪れた人からは「どうやって身を守ればいいのか」との戸惑いも聞かれる。惨劇を繰り返さないため、各地で模索が始まった。

 「保育園の人たちも気を付けていたのに……」。9日朝、10カ月の娘を別の保育園に送った帰りに現場の献…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1006文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです