メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安全対策講じていた保育園「どうやって身を守ればいいのか」 大津園児死傷事故

保育園児たちが事故にあった現場で手を合わせる人たち=大津市で2019年5月9日午前11時54分、梅田麻衣子撮影

 大津市大萱(おおがや)6の滋賀県道交差点で、散歩中の保育園児ら16人が車同士の衝突事故に巻き込まれて死傷したのを受け、各自治体は9日、保育園や幼稚園に散歩コースの安全確認などを求めた。今回の事故で被害を受けた保育園はコースを下見するなど安全対策を講じており、現場を訪れた人からは「どうやって身を守ればいいのか」との戸惑いも聞かれる。惨劇を繰り返さないため、各地で模索が始まった。

 「保育園の人たちも気を付けていたのに……」。9日朝、10カ月の娘を別の保育園に送った帰りに現場の献花台の前で手を合わせた市内の女性会社員(29)は、困惑した表情を浮かべた。事故に遭った園児と同い年の息子を持つ近くの男性会社員(40)は「歩道の幅も確保されているので、まさかという感じだ。とにかく大人が気を付けるしかない」と話した。

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです