メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脳細胞

減少、たんぱく質減が原因 慶大チーム発表 認知症予防に有効か

 老化に伴い新たに作られる脳の神経細胞が減る原因として、特定のたんぱく質の減少が大きく関わっていることを突き止めたと、慶応大などの研究チームが10日、米科学誌「ステム・セル・リポーツ」電子版に発表した。このたんぱく質の減少を抑えれば、認知症などの原因とされる脳の萎縮を抑制できるとみられる。【柳楽未来】

 チームの岡野栄之・慶応大教授(生理学)は「新たな治療薬の開発につながる」と期待している。加齢による神経細胞の減少を食い止めるため、これまで神経細胞のもとになる「神経幹細胞」を活性化させる研究が行われてきたが、継続的に神経細胞を増やすことはできていなかった。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです