メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脳細胞

減少、たんぱく質減が原因 慶大チーム発表 認知症予防に有効か

 老化に伴い新たに作られる脳の神経細胞が減る原因として、特定のたんぱく質の減少が大きく関わっていることを突き止めたと、慶応大などの研究チームが10日、米科学誌「ステム・セル・リポーツ」電子版に発表した。このたんぱく質の減少を抑えれば、認知症などの原因とされる脳の萎縮を抑制できるとみられる。【柳楽未来】

 チームの岡野栄之・慶応大教授(生理学)は「新たな治療薬の開発につながる」と期待している。加齢による…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文665文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  5. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです