メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

俳優・時任三郎さん 瞬間を大切にして、思いつくまま生きる

俳優の時任三郎さん=東京都港区で2019年4月16日、藤井達也撮影

 趣味はカメラ、空を写すのが好きだ。写真は自ら開設したSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にアップしている。「夕景マニア」「夕陽(ゆうひ)ハンター」を自称する。どうして夕方なのだろう? 「日没から月が出るくらいまでのわずかな時間って、光が劇的に変化しますよね。それが好きなんですよ」。そう打ち明けた。

 たまに「ムーンハンター」と名乗ることもある。追い掛けるのは昇り始めの月だ。「日が沈み、月がポコッと出てくるその瞬間が、とてもドラマチックに感じるんです。どうやって月と景色の両方の『表情』を同時に写真に収めることができるのかを考えるんです。月が昇り始めた10分ほどが勝負。だから先読みしないと駄目。何月何日の満月は何時ごろ、どの方角に出るのか、天気とともに下調べが必要なんですよ」。一瞬の美しさを切り…

この記事は有料記事です。

残り1264文字(全文1620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです