連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

没後10年、忌野清志郎さん 誠実な言葉、時を超え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
忌野清志郎さん=2008年撮影
忌野清志郎さん=2008年撮影

 ロック歌手の忌野清志郎さんが58歳で亡くなって、2日で10年がたった。大震災が発生しても、世界情勢が悪化しても、いつも彼の歌声はそばにあった。清志郎さんが今生きていたら、どんなメッセージを発するのだろう。【鈴木梢】 

実感したことを歌うだけ

 清志郎さんは、反戦反核や反原発を訴えた。彼は社会を変えたかったのだろうか--。清志郎さんの著書「瀕死(ひんし)の双六(すごろく)問屋」に解説を書いた芥川賞作家でミュージシャンの町田康さん(57)は、その問いを否定した。

 「あくまでもそれらの訴えは、個人的な言葉だったんじゃないでしょうか。社会に向けた運動だとか、世界を変革する意図ではなく、どこまでいっても一人の人間として実感したことを歌っただけ。重要なのは、言葉に対して常に誠実だったことです」

この記事は有料記事です。

残り2900文字(全文3244文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集