メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農and食

真狩高校 手作り菓子やパンを販売 /北海道

 真狩村の村立昼間定時制高校、真狩高校(青木保繁校長)は、「道の駅 真狩フラワーセンター」の一角で、生徒たちが実習などで製造した菓子やパンの販売会を開いている。真狩をもじった「La mikka(ラ・ミッカ)」の愛称で親しまれ、今年は十数回開催する予定。今年初回の販売会は4月下旬に開かれ、生菓子や焼き菓子、パンを各3~5種類、計約500個販売した。

 同高の農芸科学科は2年生から「有機農業コース」と「野菜製菓コース」に分かれ、野菜製菓コースは札幌の製菓専門学校と提携。製菓衛生師の受験資格を取得できるカリキュラムを編成している。そのパティシエの卵たちが、ほぼ1週間がかりで菓子類を準備。パンは部活動「スイーツクラブ」のメンバーが前日から準備し、当日の朝に焼き上げて出来立てを並べた。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです