メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なんじゃもんじゃ

白い花、初夏彩る 近江八幡で見ごろ /滋賀

雪を思わせる白い花が咲いた「なんじゃもんじゃ」の木=滋賀県近江八幡市安土町常楽寺の沙沙貴神社で、蓮見新也撮影

 初夏に雪のような白い花を咲かせることから「なんじゃもんじゃ」と言われるモクセイ科の落葉高木「ヒトツバタゴ」の花が、近江八幡市安土町常楽寺の沙沙貴(ささき)神社で見ごろを迎えた。岳(おか)郁美祢宜(ねぎ)によると、18日ごろまで楽しめるという。

 なんじゃもんじゃは岐阜県などに群生地があり、十字形に細…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです