メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生態園をつくろう

メンテナンスで、だんだん池らしく 姫路・山田小5年生19人 /兵庫

生態園に植物の名称を書いた札を立てる児童ら=兵庫県姫路市山田町の市立山田小学校で、花牟礼紀仁撮影

 姫路市山田町北山田の市立山田小学校(中島輝久校長、120人)の5年生19人が9日、校内の生態園(ビオトープ)の清掃などに取り組んだ。昨秋のビオトープ設置以降、水辺の昆虫などが姿を見せるようになるのを楽しみに、児童がメンテナンスに励んでいる。

 同校の杉山和男教諭によると、昨年10月、かつてコイなどを飼っていた池を利用してビオトープを設置した。専門家の指導を受け、現5年生が校区内の池でク…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです