メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代に思う

皇室と和歌山 すずりを献上 山口光峯堂二代目・山口光峯さん 石と手彫り、こだわり /和歌山

すずりを砥石で磨く二代目山口光峯さん=和歌山県那智勝浦町の山口光峯堂で、後藤奈緒撮影

 「一度、すってみてください」。那智勝浦町にある山口光峯(こうほう)堂では皇室に献上するすずりを作っている。屋号を受け継いだ二代目の山口光峯さん(74)は、手彫りのすずりにこだわる。興味を持ってくれる人には、すずりと墨を手渡し、墨をする体験を促す。「言葉ではうまく説明できないが、体験してもらえば本当に良いすずりかどうか分かるはず。自信があるから勧めるんです」と話す。

 山口光峯堂は1937年、先代が創業。昭和天皇が同町をご旅行された62年5月、両陛下に初めてすずりを…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文868文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. 「10連休」好調も前後で外出控え 五島は世界文化遺産登録で大幅増 県の4~6月の観光動向調査 /長崎

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです