メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藍染めブランド

古里で 地域おこし協力隊の根本さん夫妻、鳴門に工房 消臭効果生かし、ウエアやタオル /徳島

藍染めのスポーツウエアなどをプロデュースする根本夫妻=徳島県鳴門市撫養町小桑島で、松山文音撮影

 美馬市の地域おこし協力隊員で服飾デザイナーの根本ちとせさん(55)と夫弘之さん(55)が、いずれも藍染めが特長のスポーツウエアブランド「NARUTO AZZURRO」や女性ルームウエアブランド「soumei」を設立した。消臭効果といった藍染めの特長を生かしつつ、デザインと機能性にこだわった商品を手がけている。鳴門市撫養町小桑島に工房「スタジオN2」を構え、商品販売も開始している。【松山文音】

 販売するのは、スポーツウエアのほか、女性用ルームウエア、タオルや手ぬぐい、缶バッチなど。元々、保温性・消臭効果に優れたメリノウールといった高級素材を一つ一つ手作業で染めている。価格は8800円~1万8800円で、サイズの要望にも応じるという。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. チーター赤ちゃん誕生 4匹元気に成長中 多摩動物公園 /東京

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです