メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペアメンCafe

障害者の親、悩み共有 経験者が助言 善通寺のNPO /香川

「ペアメンCafeせいねんきの部屋」で、互いの子育て経験について語り合う参加者たち=高松市田村町のかがわ総合リハビリテーションセンターで、金志尚撮影

 我が子に障害があると分かったら--。そんな時、相談できる理解者がいてくれたらどれだけ心強いだろう。障害のある子供を育てた経験を持つ親が、同じような境遇の親の悩みに耳を傾ける取り組みが県内で進んでいる。当事者同士が語り合うことで、不安の軽減や前向きに生きるヒントを得ることにつながるという。【金志尚】

 高松市田村町のかがわ総合リハビリテーションセンターの一室で毎月、「ペアメンCafeせいねんきの部屋」が開かれている。4月下旬、この部屋に10人の男女が集まった。障害のある中学生以上の子供を持つ親らがコーヒーなどを飲みながら、悩みや体験を打ち明け合った。20代前半の息子に発達障害があるというさぬき市に住む公務員の男性(59)は「他の人の話を聞くと自分の子供への見方も変わってくるし、必要以上に悩まなくてもいいと…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです