メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペアメンCafe

障害者の親、悩み共有 経験者が助言 善通寺のNPO /香川

「ペアメンCafeせいねんきの部屋」で、互いの子育て経験について語り合う参加者たち=高松市田村町のかがわ総合リハビリテーションセンターで、金志尚撮影

 我が子に障害があると分かったら--。そんな時、相談できる理解者がいてくれたらどれだけ心強いだろう。障害のある子供を育てた経験を持つ親が、同じような境遇の親の悩みに耳を傾ける取り組みが県内で進んでいる。当事者同士が語り合うことで、不安の軽減や前向きに生きるヒントを得ることにつながるという。【金志尚】

 高松市田村町のかがわ総合リハビリテーションセンターの一室で毎月、「ペアメンCafeせいねんきの部屋」が開かれている。4月下旬、この部屋に10人の男女が集まった。障害のある中学生以上の子供を持つ親らがコーヒーなどを飲みながら、悩みや体験を打ち明け合った。20代前半の息子に発達障害があるというさぬき市に住む公務員の男性(59)は「他の人の話を聞くと自分の子供への見方も変わってくるし、必要以上に悩まなくてもいいと…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです