メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

一時金支給へ、相談窓口 県、強制不妊救済法成立で /高知

 旧優生保護法によって強制的に不妊手術を受けた障害者らに一時金320万円を支給する救済法が成立したことを受け、県は請求や相談の窓口を開設した。平日午前8時半~午後5時15分に対応する。

 一時金は生存者が支給対象。請求は所定の用紙を厚生労働省のホームページなどから入手し、医師の診断書や住民票の写しなど…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文266文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 参院選 21日に投開票 「改憲勢力」維持は厳しい情勢
  5. 宮田恒男遺作展 没後見つかった絵画50点 “青年”が生きた証し 山口 /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです