メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

収穫体験

イチゴたくさん、笑みいっぱい 高知・介良小児童ら /高知

イチゴ摘みに挑戦する児童=高知市介良乙で、北村栞撮影

 高知市立介良小(高知市介良乙)の児童たちが9日、校区内のビニールハウスでイチゴ摘み体験をした。児童たちは真っ赤に熟したイチゴをかご一杯に詰め、満面の笑みを浮かべていた。

 生活科の授業の一環として毎年、児童がイチゴ農家を訪ねている。体験には保護者やJA高知市介良青壮年部の人々らが協力。10日には、ジ…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  5. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです