荷物預かりサービス

駅ロッカー満杯でも安心 観光客らの好評 福岡市内150以上の店舗が登録 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
タブレット端末で預かるキャリーバッグを撮影し、利用者に確認してもらう西口さん(右)=博多区の勉強カフェで
タブレット端末で預かるキャリーバッグを撮影し、利用者に確認してもらう西口さん(右)=博多区の勉強カフェで

スマホで検索、予約 カード決済

 外国人観光客でにぎわう福岡市で、飲食店などが有料で観光客らの荷物を預かるサービスが広がっている。「駅のコインロッカーがいっぱいで困った」という声をヒントに、ベンチャー企業の「エクボ」(東京都渋谷区)が始めた。利用者はスマートフォンで荷物を預かってくれる近くの店を検索、予約できる。預け先もラーメン店、ネイルサロン、整骨院など150カ所以上に増えている。【合田月美】

 4月中旬、JR博多駅筑紫口から徒歩2分の会員制自習室「勉強カフェ博多プレース」を、キャリーバッグを手にしたマレーシア人カップルが訪れた。2人は初めての九州を荷物を預けて観光しようと考えていたが、コインロッカーは満杯。そこでサービスを使い、自習室を見つけた。オーナーの西口明さん(58)にバッグを預け「行ってきます」と手ぶらで観光に出かけた。

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文902文字)

あわせて読みたい

ニュース特集