メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出かけよう

坂本八幡宮(福岡県太宰府市) 令和と万葉、橋渡し /福岡

 新元号「令和」のゆかりの地として沸く福岡県太宰府市。令和の出典元となった万葉集の序文に記された「梅花の宴(うたげ)」の舞台が歌人・大伴旅人(おおとものたびと)の邸宅とされ、邸宅が近くにあったとされる「坂本八幡宮」には新元号発表以降、全国から多くの参拝客が訪れている。

 邸宅の跡地は諸説あるが、奈良時代に「大宰府」の長官だった大伴旅人が、730年に山上憶良(やまのうえのおくら)ら役人を邸宅に招いて「梅花の宴」を開き、梅花の歌が詠まれたとされている。

 坂本八幡宮は梅の名所としても知られ、自然豊かな緑が広がる大宰府政庁跡の北側に位置する。四王寺山の登…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1077文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  4. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです