メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人労働者

廃校舎を再利用し研修施設に 7月に23人が入校予定 薩摩川内・旧南瀬小 /鹿児島

廃校舎を利用した外国人労働者研修施設「イタックス南瀬トレーニングスクール」

 2017年3月に閉校した鹿児島県薩摩川内市東郷町の旧市立南瀬(のうぜ)小校舎(1984年建設、3階建て)が、外国人労働者向け研修施設「イタックス南瀬トレーニングスクール」として再利用が始まる。

 南瀬小は1950年には348人の児童がいたが、閉校時に14人にまで減った。市が跡地利用を探る中、鹿児島市の労働者派遣会社、イタックスが需要が増す外国人向け研修施設として再利用を決め、18年9月から改修を進めた。

 一部の教室をベッドルームに、理科室をシャワー室に変え、日本企業で働き始める外国人が約1カ月間泊まり…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです