JR東日本

「鼻長」新幹線、時速400キロに挑む 仙台-新青森間、試験走行開始へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「鼻」の長さが22メートルの「ALFA-X」=宮城県利府町のJR東日本新幹線総合車両センターで2019年5月9日
「鼻」の長さが22メートルの「ALFA-X」=宮城県利府町のJR東日本新幹線総合車両センターで2019年5月9日

 車体は青みがかった銀色に緑色の帯、屋根は紺色--。営業運転としては世界最速の時速360キロを目指す次世代新幹線の試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」が9日、宮城県利府町のJR東日本新幹線総合車両センターで報道陣に公開された。10日から東北新幹線仙台-新青森間で試験走行を始め、同車両としては最高…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文380文字)

あわせて読みたい

注目の特集