米中

関税上げ攻防 中国、即座に報復か 米で閣僚級協議へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】米中両政府は9日、閣僚級の通商協議を米ワシントンで再開する。協議前日の8日、トランプ米政権は中国製品に対する追加関税率を10日に引き上げると官報に掲載、中国側は即座に報復を明言した。緊張が高まる中、土壇場で貿易戦争の激化を回避できるかが焦点となる。

 米通商代表部(USTR)によると、米東部時間10日午前0時1分(日本時間10日午後1時1分)に、年間輸入総額2000億ドル(約22兆円)規模の中国製品に課している関税率を現在の10%から25%に引き上げる。トランプ大統領は8日、フロリダ…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

あわせて読みたい

注目の特集