メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

飛翔体発射 再びミサイルか 短距離420キロと270キロ

 【渋江千春(ソウル)、杉直樹】韓国軍合同参謀本部は9日、北朝鮮が同日午後、北西部の平安北道(ピョンアンプクド)亀城(クソン)付近から日本海側に向け、短距離ミサイルと推定される飛翔(ひしょう)体を2発発射したと発表した。北朝鮮は今月4日にも飛翔体を発射しており、事実上の挑発行為を重ねている格好だ。ミサイルと確定すれば、2017年11月に大陸間弾道ミサイル(ICBM)の「火星15」が発射されて以来となる。弾道ミサイル発射は国連安全保障理事会の制裁決議に違反するため、米国を含めた国際社会が強く反発する可能性もある。

 飛翔体は午後4時半ごろと同50分ごろに1発ずつ、東方向に発射された。推定飛距離はそれぞれ約420キ…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです