メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

飛翔体発射 再びミサイルか 短距離420キロと270キロ

 【渋江千春(ソウル)、杉直樹】韓国軍合同参謀本部は9日、北朝鮮が同日午後、北西部の平安北道(ピョンアンプクド)亀城(クソン)付近から日本海側に向け、短距離ミサイルと推定される飛翔(ひしょう)体を2発発射したと発表した。北朝鮮は今月4日にも飛翔体を発射しており、事実上の挑発行為を重ねている格好だ。ミサイルと確定すれば、2017年11月に大陸間弾道ミサイル(ICBM)の「火星15」が発射されて以来となる。弾道ミサイル発射は国連安全保障理事会の制裁決議に違反するため、米国を含めた国際社会が強く反発する可能性もある。

 飛翔体は午後4時半ごろと同50分ごろに1発ずつ、東方向に発射された。推定飛距離はそれぞれ約420キ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです