メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小学校教員採用

「危険水域」 18年度志願者倍率、最低3.2倍 多忙な現場敬遠

 2018年度の全国の公立小学校の教員採用試験の倍率は3・2倍(前年度比0・3ポイント減)で過去最低となったことが文部科学省の調べで明らかになった。7年連続の減少で、就職氷河期に公務員が人気だった00年度(12・5倍)の4分の1程度に落ち込んでいる。3倍を切ると質の維持が難しくなると言われ、「危険水域」に近づいている。団塊世代の教員の大量退職に伴う採用が増えている一方、学校の多忙などで志望者が減っていることが背景にあるとみられる。

 文科省によると、中学校は6・8倍(前年度比0・6ポイント減)、高校は7・7倍(同0・6ポイント増)…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです