メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小学校教員採用

「危険水域」 18年度志願者倍率、最低3.2倍 多忙な現場敬遠

 2018年度の全国の公立小学校の教員採用試験の倍率は3・2倍(前年度比0・3ポイント減)で過去最低となったことが文部科学省の調べで明らかになった。7年連続の減少で、就職氷河期に公務員が人気だった00年度(12・5倍)の4分の1程度に落ち込んでいる。3倍を切ると質の維持が難しくなると言われ、「危険水域」に近づいている。団塊世代の教員の大量退職に伴う採用が増えている一方、学校の多忙などで志望者が減っていることが背景にあるとみられる。

 文科省によると、中学校は6・8倍(前年度比0・6ポイント減)、高校は7・7倍(同0・6ポイント増)…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです