メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

米外交への危惧=西川恵

 <kin-gon>

 幾ら米国が超大国と言っても、三つの大きな課題と挑戦に同時並行して対応できるのか。いま世界を見回した時の感想だ。

 米中貿易摩擦、北朝鮮との非核化交渉、緊迫の度を高める対イラン関係。悪くすると、いずれかの事態掌握力が緩み、国際社会にツケが回されかねないと危惧する。

 米中貿易摩擦はとりあえず横において、米・イラン関係の緊張の高まりで、国際社会は核問題についてイランと北朝鮮の二正面対応を迫られつつある。

 トランプ米大統領は1年前、米英仏独露中6カ国がイランと2015年に結んだ核合意から離脱、今月5日に…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです