メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クローズアップ

ソーシャルメディアで過激思想拡散 高まるテロ対策機運 15日パリで国際会議

 【パリ賀有勇】スリランカ連続爆破事件やニュージーランド(NZ)銃乱射事件など世界各地のテロでソーシャルメディアが悪用されている。これを受け、過激思想の誇示や拡散に使わせないための対策を協議する国際会議が15日、パリで開かれる。各国首脳・関係者のほか、米フェイスブック(FB)などIT企業の代表者らが参加する予定で、国際的に政府と企業が連携し、サイバー空間の管理・規制を検討する。ただ、表現の自由やプライバシーの侵害につながるとの懸念も根強く、ルール作りは容易ではない。

 「ソーシャルメディアがテロ行為と憎しみを拡散する役目を二度と果たさぬようリーダーシップを発揮してほ…

この記事は有料記事です。

残り2974文字(全文3259文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです