二階・自民幹事長

引き締めに躍起 失言など…派内緩みに危機感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党二階派は9日、東京都内のホテルで政治資金パーティーを開いた。派閥を率いる二階俊博幹事長=似顔絵=が安倍晋三首相の特使として訪中するなど、政府・与党内で存在感を示す一方、桜田義孝前五輪担当相が失言で辞任するなど、派閥所属議員が政権の足を引っ張る場面も目立つ。二階氏は参院選後の求心力維持を視野に、後半国会に向けて派内の引き締めに懸命だ。【竹内望、飼手勇介】

 「政治には緊張感が大事だ。気を引き締めて皆さんの気持ちに応えねばならない」。二階氏は4000人を超える出席者に呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文923文字)

あわせて読みたい

注目の特集