メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

ロシア疑惑報告書、全面開示拒否 下院委要求に対し

バー米司法長官=ワシントンで8日、ロイター

 【ワシントン高本耕太】ロシアによる2016年米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑を巡り、ホワイトハウスは8日、下院司法委員会による捜査報告書の全面開示要求に対し、大統領特権を行使して拒否するとの声明を発表した。一方、司法委は同日、全文提出を拒んだバー司法長官を議会侮辱罪に問う決議案を可決した。

 モラー特別検察官がまとめた報告書はロシアとトランプ陣営の共謀について証拠なしと結論づける一方、トランプ氏が捜査を妨げようとした司法妨害の疑いに関しては判断を留保した。野党・民主党は多数を占める下院で追及を継続する方針で、司法委のナドラー委員長(民主)は召喚状を出し…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです