メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦七番勝負 挑戦者・豊島将之王位-佐藤天彦名人 指し直し第1局の8

豊島、初陣を飾る 観戦記・上地隆蔵

 図の[先]2四飛は意外に受けが難しい。[後]3一金は[先]4四飛から、次に[先]4五桂。[後]1二角は[先]4四飛[後]4三歩[先]2四飛と戻し、同様に[先]4五桂。いずれも右桂を参戦させるのがポイントだ。

 そこで実戦は前述の筋を嫌って[後]2二角だが、今度は[先]同飛成~[先]3四角が厳しい。[後]5一玉の局面でしばらく考えていた豊島が、ここで決め手を放った。

 [先]5五銀が切れ味鋭い寄せだった。佐藤が棋譜を確認した。こうべを垂れ、ため息をつく。次第に戦意が…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文718文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです