メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンクグループ

営業益2.3兆円 3月期・過去最高 5割、ファンド収益

決算発表の記者会見でこれからの戦略を説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=東京都千代田区で2019年5月9日、竹内紀臣撮影

 ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は9日、10兆円規模の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の第2号を近く設立する方針を明らかにした。同日発表した2019年3月期の連結決算で、本業のもうけを示す営業利益は前期比80・5%増の2兆3539億円で過去最高を更新し、5割超をファンド収益が占めた。新ファンドの設立で、投資事業の強化を加速させる。

 SBGは17年、サウジアラビア政府などと共同でファンドを設立した。資金を投じた人工知能(AI)関連…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 拳銃強奪事件 重傷の古瀬巡査が職場復帰 大阪・吹田

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです