過労死協議会

「実のある労働監督を」 高橋まつりさん母、参加

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
意見を述べる高橋幸美さん=東京都千代田区の厚生労働省で2019年5月9日
意見を述べる高橋幸美さん=東京都千代田区の厚生労働省で2019年5月9日

 国の過労死防止対策などについて労使や遺族らが話し合う厚生労働省の「過労死等防止対策推進協議会」が9日開かれ、電通社員だった高橋まつりさん(当時24歳)を過労自殺で亡くした母幸美さん(56)が遺族委員として初めて参加した。2021年に見直される過労死防止大綱に向け、違法な長時間労働の監督指導強化や、終業から次の始業まで一定の休息時間を確保する「勤務間インターバル制…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

あわせて読みたい

ニュース特集