メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なでしこの今

女子W杯を前に/下 輝き再び プロ化で布石

1部10チームで2019シーズンが開幕したなでしこリーグ

 2021年シーズンに、なでしこリーグがプロ化へ--。2年後、日本の女子サッカー界が大きく変わろうとしている。

 現在、リーグに所属する選手は、INAC神戸を除けば、大半が仕事や大学に通いながらプレーするアマチュア選手だ。その環境は日本代表選手であっても例外ではない。籾木結花(23)は今春まで慶大に通いながら日テレでプレーし、代表でも活躍してきた。大学進学の理由について「女子サッカーでプロになるという明るい未来が見えていなかった」と語る。

 籾木が中学3年の時に、日本女子代表がワールドカップで優勝した。日テレの下部組織で育ち、試合運営を手…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです