メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小学校教員採用

倍率最低 免許取ったけど 仕事窮屈、実習で実感

小学校の教員免許状を取得したものの教員になるか迷っている遠藤寛佑さん=東京都豊島区で

 全国の公立小学校の教員の採用倍率が過去最低を更新し、3・2倍にまで落ち込んだ。「教員は多忙」。そんな学校の実態が問題視される中、教員養成系大学・学部に進学したのに教員の道を選ぶことをためらう学生も少なくない。【伊澤拓也】

 「心のゆとりがない教員がきちんと指導できるのだろうか」--。京都教育大大学院2年の遠藤寛佑さん(24)は小学校教諭を志して大学に進学したが、小学校や中学校の教員になったOBらの話を聞き、最近、疑問を感じるようになった。

 OBの多くは残業代が出ないのに夜遅くまで働き、土日の部活動も熱心に指導していた。遠藤さんは、仕事と…

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1287文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. デートDV 経験10代女性の44% NPO広域調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです