メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおか探索

福岡市中央図書館「ヨルドク~おとなのための読書会~」 お薦めの一冊持ち寄り交流

ジャンル問わず気軽に、昼間と違い笑い声も

 参加者がお薦めの一冊を持ち寄って紹介し合う福岡市中央図書館(中央区)の読書会「ヨルドク~おとなのための読書会~」が、7月で50回目を迎える。毎月1回、第2木曜の夜に開かれ、これまで延べ300人以上が参加した。会場となる閉館後の図書館を訪ねた。【山崎あずさ】

手書きのポップも人気

 ヨルドクは、本を通じて地域の人たちに交流してもらおうと、2015年9月から同館が始めた。持参する本のジャンルは問わず、ニックネームを名乗ってもいいなど、気軽に参加できる雰囲気づくりをしている。

 4月のヨルドクは、30~70代の男女8人が参加した。簡単な自己紹介の後、5分程度で持参した本につい…

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1127文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」
  4. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです