京都丹後鉄道に“オニ”登場 23年ぶりに新型車両

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都丹後鉄道を走る新車両「KTR300形」=宮津駅で2019年5月8日9時21分、安部拓輝撮影
京都丹後鉄道を走る新車両「KTR300形」=宮津駅で2019年5月8日9時21分、安部拓輝撮影

 京都丹後鉄道をオニが走る――。沿線自治体が出資する北近畿丹後鉄道(KTR)が、23年ぶりに新型車両「KTR300形」を導入した。18日から運行が始まる。真っ赤な車体につり目型のヘッドライトは大江山の鬼をイメージしているという。【安部拓輝】

 京都丹後鉄道は、運行を「ウィラーアライアンス」の子会社「ウィラートレインズ」が担い、車両やレールなどのインフラは第三セクターのKTRが管理…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集