メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昆虫標本持ち出し未遂 日本人がエクアドルで禁錮刑に 上訴の方針

 南米エクアドルから昆虫やクモなど野生生物の標本を違法に国外へ持ち出そうとした罪に問われた日本人の男(26)に対し、首都キトの裁判所は9日、禁錮2年の判決を言い渡した。同国の月額最低賃金(394ドル=約4万3000円)の10倍相当の罰金も命じた。弁護側は上訴する方針。

 検察によると、男は約370の昆虫などの標本を持ち出そうとしたとして3月12日に拘束された。うち約250について許可を得ておらず、遺伝子国有財産保護に関する法律に違反した罪で起訴された。

 男は北海道足寄町にある「九州大学北海道演習林」の技術職員とみられている。(共同)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです