メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮の飛翔体は「弾道ミサイル」 米政府が断定 安保理決議違反の可能性高まる

金正恩朝鮮労働党委員長が指導した朝鮮人民軍前線・西部戦線防御部隊の火力攻撃訓練=2019年5月9日、朝鮮中央通信・朝鮮通信

 【ワシントン古本陽荘、ソウル渋江千春】米国防総省は9日、北朝鮮が同日発射した短距離ミサイルと推定される飛翔(ひしょう)体について「複数の弾道ミサイル」との初期の分析結果をまとめた。ミサイルは北朝鮮北西部から東方向に向かって発射され、300キロ以上飛んだ後、日本海に落下したとしている。

 弾道ミサイルは、発射直後のエンジンの推進力で上昇し、その後は弾道を描いて飛び、攻撃目標に到達するミサイル。国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議は、弾道ミサイルの発射を禁じており、これに違反した可能性が高まった。北朝鮮は4日にもミサイルとみられる飛翔体を発射しており、米韓両軍でこれらの一連のミサイルにつ…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです