宇都宮動物園に子犬計20匹が捨てられる 「許さない」飼育員ブログで公表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
4月27日に発見された子犬=宇都宮動物園提供
4月27日に発見された子犬=宇都宮動物園提供

 宇都宮市の宇都宮動物園で先月末、子犬が捨てられているのが見つかった。同園に子犬が捨てられたのは昨年11月以降では3回目で、その数は計20匹に上る。飼育員が「許さない」と同園の飼育員ブログで事案を公表したところ、インターネット上で「絶対におかしい」「人として許せない」など多くの反響が出ている。

 同園によると、先月27日午後8時ごろ、入園客が使わない飼育員用の出入り口付近に生後3~4カ月ほどとみられるレトリバー系の子犬9匹が段ボールに入れられて置き去りにされていた。昨年11月にも2回、子犬が捨てられており、子犬の系統や性格が似ていることなどから、同園は同じ人物が捨てたと推測している。

 事態を重くみた飼育員の一人が3度目の犬を保護した夜、「許さない」というタイトルで同園の飼育員ブログに投稿した。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文965文字)

あわせて読みたい

注目の特集