メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇都宮動物園に子犬計20匹が捨てられる 「許さない」飼育員ブログで公表

4月27日に発見された子犬=宇都宮動物園提供

 宇都宮市の宇都宮動物園で先月末、子犬が捨てられているのが見つかった。同園に子犬が捨てられたのは昨年11月以降では3回目で、その数は計20匹に上る。飼育員が「許さない」と同園の飼育員ブログで事案を公表したところ、インターネット上で「絶対におかしい」「人として許せない」など多くの反響が出ている。

 同園によると、先月27日午後8時ごろ、入園客が使わない飼育員用の出入り口付近に生後3~4カ月ほどとみられるレトリバー系の子犬9匹が段ボールに入れられて置き去りにされていた。昨年11月にも2回、子犬が捨てられており、子犬の系統や性格が似ていることなどから、同園は同じ人物が捨てたと推測している。

 事態を重くみた飼育員の一人が3度目の犬を保護した夜、「許さない」というタイトルで同園の飼育員ブログに投稿した。

 「どうしてこんなことができるのか…悲しい? 悔しい? もう表現できない、言葉にできない感情でぐちゃぐちゃです」と率直に気持ちを明かし、捨てた人物に対して「絶対に許さない」と言葉を投げかけた。

 飼育員はこの事案を公表すべきか悩んだが、他の飼育員と相談した上で、警鐘を鳴らすためにブログに書くことを決めたという。投稿した飼育員は「あってはならないこと。絶対に許されない行為」と話している。

 ブログには大きな反響があり、インターネット上で「無責任すぎる」「身勝手だ」「最後まで責任を持って飼うのが常識」など、捨てた人物に対する批判の声が出ている。

 20匹は健康に問題はなく、19匹は引き取り手が見つかり、残りの1匹は同園でショーで活躍する犬として育てられている。

 同園によると、同園には犬だけではなく、猫や亀などさまざまな動物が捨てられることがある。2016年には段ボールに入れられた子猫が見つかり、保健所に届けた。このことをフェイスブックに投稿したところ、対応を批判されたこともあったという。

 同園の荒井賢治園長(55)は「動物園だから育ててくれるだろうと考える人が多いがそれは違う。捨てられた動物が豚コレラや鳥インフルエンザなどに感染していた場合、他の動物も全て殺処分しないといけない。飼い主は責任を持って動物を育ててほしい」と話している。

 同園から相談を受けた栃木県警宇都宮中央署が動物愛護法違反容疑などで捜査している。【李舜】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです