メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島県産米取扱店が急増 県職員による“売米”隊が一役

県産米の取扱店増へ奮闘を誓う「ふくしま売米隊」の隊員たち=県庁で2019年5月7日、柿沼秀行撮影

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響で、一時は店の棚から「一斉に消えた」と言われる福島県産米だが、最近、取扱店舗が急増している。この効果に一役買っているのが、県職員でつくる「ふくしま売米(うりこめ)隊」だ。昨年10月に7人で結成し、県外の店舗に働きかけたところ、昨年3月は735店舗だったのが、今年3月には1212店舗と1・6倍に増加。7日には「第2期隊員」12人が結成され、1500店舗達成を目指すと意気込んでいる。【柿沼秀行】

 7日に県庁であった結成式では、農産物流通課長の細川了隊長が、松崎浩司・農林水産部長を前に、今年度の…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです