メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脳の神経細胞減少に特定のたんぱく質が関係 慶応大など、米科学誌に発表

米科学誌「ステム・セル・リポーツ」電子版のホームページより

 老化に伴い新たに作られる脳の神経細胞が減る原因として、特定のたんぱく質の減少が大きく関わっていることを突き止めたと、慶応大などの研究チームが10日、米科学誌「ステム・セル・リポーツ」電子版に発表した。このたんぱく質の減少を抑えれば、認知症などの原因とされる脳の萎縮を抑制できるとみられる。

 チームの岡野栄之・慶応大教授(生理学)は「新たな治療薬の開発につながる」と期待している。

 加齢による神経細胞の減少を食い止めるため、これまで神経細胞のもとになる「神経幹細胞」を活性化させる研究が行われてきたが、継続的に神経細胞を増やすことはできていなかった。

 そこでチームは、神経幹細胞から神経細胞になる途中段階の「神経前駆細胞」に注目。マウスによる実験で、「p38」というたんぱく質が前駆細胞を増やす役割を果たしていることを発見した。老化するとp38が減り、それに伴い新たに作られる神経細胞も減少した。

 チームは複数のマウスに、老化してもp38が減らないようにする遺伝子を注入。通常のマウスと比較した。その結果、老化すると神経細胞の減少で脳が萎縮して頭の中に「脳室」と呼ばれる空間が拡大するが、遺伝子を注入したマウスは脳室の拡大スペースを平均で4割ほど抑えられた。

 また、これまで脳梗塞(こうそく)などで傷ついた脳を再生するために神経幹細胞を活性化させた際、幹細胞が分裂を繰り返し枯渇する問題があった。p38を利用すれば幹細胞ではなく前駆細胞を活性化させるため、チームは「枯渇を招かず長期的な神経再生が可能になる」としている。【柳楽未来】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 令和初 春の褒章670人に
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです