メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神奈川県動物保護センター 18年度犬猫殺処分ゼロ

神奈川県庁=横浜市中区で、山本明彦撮影

 神奈川県は県動物保護センター(平塚市)で2018年度に保護した犬猫の殺処分数がゼロだったと発表した。犬は6年間、猫は5年間のゼロ継続を達成した。背景には、保護された動物を引き取って新たな飼い主を探す登録ボランティアによる懸命な活動があり、県は「飼い主には家族の一員となった犬や猫を最後まで育ててほしい」と呼びかけている。

 県によると、18年度、横浜と川崎、横須賀の3市を除く県内全域から同センターに保護された犬猫は計863匹だった。そのうち犬は320匹(前年度比146匹減)で、うち飼い主に返還されたのが131匹(同72匹減)。新たな飼い主を探すボランティアへの譲渡は147匹(同46匹減)だった。一方、同センターに保護された猫は543匹(同5匹増)。そのうち飼い主に返還されたのはわずか1匹で、ボランティアへの譲渡は399匹(同44匹減)と7割以上を占めた。

 飼い主が不妊去勢手術を怠るなどして膨れ上がった犬猫を飼育できなくなる「多頭飼育崩壊」の問題も近年、問題化しており、県は条例を改正し、今年10月から10匹以上飼育する場合に飼い主に届け出を義務づける。

 県は終生飼養や、飼い主がわかるようにマイクロチップ装着などを県民に呼びかけるとともに、保護された犬猫の新たな飼い主の募集も進める方針。

 また、県は県動物保護センターを6月1日、「県動物愛護センター」として更新すると発表した。新施設は「処分するため」から「生かすため」に転換するとして殺処分設備を撤去したほか、新たに保護した犬猫の環境を考慮し、冷暖房を完備したという。

【木下翔太郎】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕
  3. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  4. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです