メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日本 南アに敗れ、準決勝進出ならず

神奈川県動物保護センター 18年度犬猫殺処分ゼロ

神奈川県庁=横浜市中区で、山本明彦撮影

 神奈川県は県動物保護センター(平塚市)で2018年度に保護した犬猫の殺処分数がゼロだったと発表した。犬は6年間、猫は5年間のゼロ継続を達成した。背景には、保護された動物を引き取って新たな飼い主を探す登録ボランティアによる懸命な活動があり、県は「飼い主には家族の一員となった犬や猫を最後まで育ててほしい」と呼びかけている。

 県によると、18年度、横浜と川崎、横須賀の3市を除く県内全域から同センターに保護された犬猫は計86…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです