メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「鬼嫁」は地域を救う!? 鳥取・湯梨浜の女性6人、活性化プロジェクト続々

三八市を盛り上げる「鬼嫁メーク」をしたプロジェクトのメンバー=鬼嫁の里プロジェクト提供

 「鬼嫁」が地域を救う?――。かつて宿場町として栄えた鳥取県湯梨浜(ゆりはま)町・松崎地区で、地元女性による地域活性化の取り組みが定着している。その名も「鬼嫁の里プロジェクト」。マイナスのイメージもある「鬼嫁」との言葉をプラスに読み替え、意欲的な女性たちが次々とイベントを発案。愛着深い地域を引っ張る。

 県のほぼ中央にある東郷池の南東岸に位置する松崎地区。江戸時代に池の底から温泉が見つかって湯治場とし…

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです