元サッカー日本代表が腸内細菌検査キット開発 母の教え守り、幼少期から便観察

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
腸内細菌を検査できるキットを開発した元Jリーガーの鈴木啓太さん=東京都中央区で2019年4月24日午前9時39分、錦織祐一撮影
腸内細菌を検査できるキットを開発した元Jリーガーの鈴木啓太さん=東京都中央区で2019年4月24日午前9時39分、錦織祐一撮影

 サッカーJ1浦和レッズの元選手で日本代表でも主力として活躍した鈴木啓太さん(37)が、自宅でも手軽に便から腸内細菌を検査できるキット「BENTRE(ベントレ)」を開発した。2015年の現役引退直後に「アスリート時代の経験を皆さんの健康に生かしたい」と起業、初の商品化を果たした。

 鈴木さんは静岡市清水区出身。東海大翔洋高から00年にレッズに入り、以来16年間レッズ一筋で、名ボランチとして活躍した。

 幼少期、調理師だった母親に「人間は腸が大事」と教え込まれて便を観察し続けた。高校時代から細菌のサプリメントを取り寄せ、プロ入り後は常に温かい食事や飲料を摂取するよう心掛けた。日本代表で海外に遠征した際には食事が合わず体調を崩す選手が出たが、そういうことはほとんどなく、安定したプレーにつながった。その経験から「肉体を使うアスリートに特化して腸内環境を調べたら面白いことが分かるのでは」と「AuB(オ…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文795文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集