メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気象庁、緊急記者会見に手話通訳導入 10日の九州南部の地震で初めて

日向灘を震源として九州南部で発生した地震を受けて開かれた気象庁の会見。初めて手話通訳が導入された=東京都千代田区の気象庁で2019年5月10日午前10時42分、喜屋武真之介撮影

 気象庁は10日の緊急記者会見で初めて手話通訳を導入した。震度5弱以上などの緊急記者会見はテレビ中継されることが多く、聴覚障害者に迅速に防災情報を伝えるのが狙いだ。

 気象庁の記者会見室で午前10時40分から、中村雅基・地震津波監視課長が会見。その隣に通訳者の男性が立ち、会見内容を手話で伝えた。

 気象庁では、国内で震度5弱以上の地震が…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです