メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

そんなに欲しい?「太鼓の達人」窃盗事件も 人気の背景を探る

各地の予選を勝ち抜いた参加者で競う「天下一音ゲ祭」=千葉県の幕張メッセで(JAIA提供)

 和太鼓をたたいてリズムの正確性を競うゲーム「太鼓の達人」の人気が過熱している。発売から18年もたつが、全国大会には毎年、多くの若者が参加。「練習用」にゲームセンターから太鼓や太鼓の打面が盗まれる事件も相次ぎ、愛知県警は北名古屋市で太鼓を盗んだ疑いで地元の少年ら3人を近く書類送検する方針だ。「太鼓」を使った素朴なゲームがなぜここまで受けるのか、背景を探った。【山口朋辰、高井瞳】

 4月29日夕、北名古屋市のショッピングモール内にあるゲームセンターで「達人」の太鼓が盗まれる事件が…

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1418文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 令和初 春の褒章670人に
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです