メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

そんなに欲しい?「太鼓の達人」窃盗事件も 人気の背景を探る

各地の予選を勝ち抜いた参加者で競う「天下一音ゲ祭」=千葉県の幕張メッセで(JAIA提供)

 和太鼓をたたいてリズムの正確性を競うゲーム「太鼓の達人」の人気が過熱している。発売から18年もたつが、全国大会には毎年、多くの若者が参加。「練習用」にゲームセンターから太鼓や太鼓の打面が盗まれる事件も相次ぎ、愛知県警は北名古屋市で太鼓を盗んだ疑いで地元の少年ら3人を近く書類送検する方針だ。「太鼓」を使った素朴なゲームがなぜここまで受けるのか、背景を探った。【山口朋辰、高井瞳】

 4月29日夕、北名古屋市のショッピングモール内にあるゲームセンターで「達人」の太鼓が盗まれる事件が…

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです