メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

そんなに欲しい?「太鼓の達人」窃盗事件も 人気の背景を探る

各地の予選を勝ち抜いた参加者で競う「天下一音ゲ祭」=千葉県の幕張メッセで(JAIA提供)

 和太鼓をたたいてリズムの正確性を競うゲーム「太鼓の達人」の人気が過熱している。発売から18年もたつが、全国大会には毎年、多くの若者が参加。「練習用」にゲームセンターから太鼓や太鼓の打面が盗まれる事件も相次ぎ、愛知県警は北名古屋市で太鼓を盗んだ疑いで地元の少年ら3人を近く書類送検する方針だ。「太鼓」を使った素朴なゲームがなぜここまで受けるのか、背景を探った。【山口朋辰、高井瞳】

 4月29日夕、北名古屋市のショッピングモール内にあるゲームセンターで「達人」の太鼓が盗まれる事件が…

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです