メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤ちゃんザル「レイワ」に 大分・高崎山自然動物園 名前を公募

 大分市の高崎山自然動物園で、「レイワ」と名付けられた赤ちゃんザル=10日午後

 野生のニホンザルの餌付けで知られる大分市の高崎山自然動物園は10日、元号が令和になってから生まれた雌の赤ちゃんザルの名前が「レイワ」に決まったと発表した。一般公募の結果、レイワが最多となった。

 今月6日に生まれたばかりで、母親の「キュート」に抱きついて乳を飲む愛くるしい姿で来園者の目をくぎ付けにしている。同園の職員村田美由紀さん(46)は「元気に育ってみんなのアイドルになってほしい」と期待を込めた。

 園は2013年以降、その年の最初に生まれたサルの名前を公募しており、今回は19年で最初の赤ちゃんだった。1691票の応募があり、選ばれたレイワが369票。(共同)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  4. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  5. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです