メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コーヒー、緑茶…とろみ飲料じわり人気 病院や介護施設に自販機続々

愛知県大府市役所内に設置された「とろみボタン」付きの自動販売機。コーヒーは1杯ごとに豆からひいている=大府市役所で2019年5月9日午後2時36分、町田結子撮影

 コーヒーや緑茶などの飲料に「とろみ」を付けて提供するカップ式自動販売機の設置が広がっている。開発したのは、食品メーカーのニュートリー(三重県四日市市)と、自販機運営会社のアペックス(愛知県大府市)。のみ込む力が衰えた高齢者でも飲みやすく、昨秋の商品化以降、病院や介護施設などで導入が相次いでいる。

 飲料は3種のコーヒーのほか、緑茶や抹茶ラテなど6品で、とろみの「有」「無」を選択できる。とろみの濃さは「薄い」「中間」「濃い」の3段階。ボタンを押して約1分でカップに注がれる。価格はとろみの有無にかかわらず、どれも100円だ。

 ニュートリーは、とろみ材やゼリー化材など、食べ物をのみ込むための補助食品を製造するパイオニア企業で…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. サッカー、アギーレ元監督に無罪 八百長疑惑で日本代表監督解任

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

  5. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです