メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄の高校生救った「恩人」が名乗り 埼玉の医師「信じてよかった」

那覇空港駅を発車するゆいレール

 離島の親族の葬儀に参列するために那覇空港に向かう途中、航空券代が入った財布を落とした沖縄県の男子高校生に、6万円を貸して救った男性の話が話題だ。9日夜から10日にかけて地元紙2紙が「高校生が『恩人』を捜している」との記事をネットに出し、それを見た埼玉県三芳町の「イムス三芳総合病院」で脳卒中神経内視鏡センター長を務める猪野屋博(いのや・ひろし)さん(68)が、10日に名乗り出た。毎日新聞の電話取材に応じた猪野屋さんは「連絡が来るなんて期待していなかったが、信じてよかった。信頼に応えてくれてありがとう」と感激しきりだった。【大村健一/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです