メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事故死の9割 50代以上 ベテラン加齢で判断遅れも パラグライダー

福岡県篠栗町の米ノ山山頂付近から飛び立つパラグライダー。6日にはこの場所から飛び立った71歳の男性が死亡する事故があった

 鳥のように空を飛ぶ爽快感が魅力のパラグライダーやハンググライダー。中高年に人気のスカイスポーツだが、死亡事故も多発している。昨年までの5年間に全国で少なくとも37人が亡くなり、9割(33人)を50代以上が占めた。年齢が上がるにつれて死亡率が高まるというデータもあり、愛好家団体は中高年向けの啓発を強化する方針だ。

 「まさかあの人が落ちるとは思わなかった。心の支えを失った感じだ」。福岡県篠栗(ささぐり)町で6日、…

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです