メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なでしこW杯メンバーに浦和から3選手 「翔んで埼玉」ポーズで意気込み

大ヒット映画「翔んで埼玉」の埼玉ポーズで撮影に応じる(左から)池田咲紀子、菅沢優衣香、南萌華=さいたま市内で2019年5月10日午後5時4分、福田智沙撮影

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会の代表に選出されたなでしこリーグ1部の浦和の3選手が10日、記者会見した。

 20歳のDF南萌華は、昨夏にフランスで行われたU20(20歳以下)女子W杯で主将として日本を優勝に導き、その後に代表に招集された成長株。主将の熊谷紗希(リヨン)とセンターバックを組むことが期待される。

 南にとって熊谷は目標にしてきた選手。熊谷は2011年W杯当時20歳で、全試合にフル出場して日本の初…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです