メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

亜大・安田が主将の意地!9回2死満塁から代打V2点打(スポニチ)

[PR]

東都大学野球 亜大5-3中大(2019年5月9日 神宮)

 1回戦3試合が行われた。亜大は同点の9回2死満塁から主将の安田大将内野手(4年)が代打で勝ち越し2点打を放ち、中大を5-3で下した。

     亜大は安田主将が同点の9回2死満塁から代打で右前に決勝2点打を放ち、ガッツポーズを見せた。開幕戦で先発出場したが3三振。その後はベンチを温めることが多かっただけに「全然駄目だったので、打った時に湧き出るものは大きかった」と話した。練習後も居残り、バットを振り込んで好結果につなげた。生田勉監督も「期待に応えてくれた」と笑顔だった。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

    2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

    3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

    4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

    5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです